パラレルキャリアの女性起業家の成功の秘訣に迫る!ビジョンを実現できた秘訣とは?

あるときは行政書士、あるときはNPO代表、あるときは起業支援の企画の主催者……。
地元で活躍する女性経営者の方に、常にチャレンジし続けるモチベーションや、大切にしている思いについてインタビューしてきました。

中谷綾乃さんプロフィール
CTC行政書士法人代表行政書士、NPO法人やまとなでしこ代表理事、船橋ハッピー創業塾など。
起業支援として、交流会、セミナー、イベント等を開催。

一人でさまざまな役をこなすエネルギッシュな中谷さん。
「実は20代のときに20回も転職したのに行政書士だけは16年続いている。初めて社会の役に立てると思えた仕事」と言います。
もちろん苦労はいっぱいあったものの、人と出会い、新たなチャレンジへの気持ちが生まれ、次々と活動の場を広げてきました。

  1. 手がけてきたこと――実はそれはすべてつながっていた!
  2. 大切にしていること――「場をつくる」ことと「ポップ化する」こと
  3. つながりは化学変化を起こす――「まいぷれ」との出会いで広がるチャンス

手がけてきたこと――実はそれはすべてつながっていた!

― CTC行政書士法人とNPO法人やまとなでしこ、2つの代表というお顔をお持ちです。

行政書士の資格をとって個人で起業したのち、CTC行政書士法人を立ち上げました。
個人で活動するよりも会社としてのほうが信用され、法人という場の力を借りることでパワーアップができました。
みんなが得意なことをメインに動けるので、メリットがありますね。
やまとなでしこはちょっと変わってるんです。
もともと東日本大震災をきっかけに船橋で微魔女会っていう女性の交流会を始めて、それが全国へと広がっていきました。
ふと気づいたら、メンバーの8割は起業している女性でした。
そこでみんなでNPO法人を始め、レンタルサロンの運営や女性の起業家支援セミナー、イベントと、活動の幅を広げてきました。

― そのふたつは、ご自身の中でのすみ分けをなさっているのですか?

実は2つの柱が互いに結びつかなくずっとモヤモヤしていたのですが、本当は一つのまとまりなのだと思ったら、私の中ですべてが腑に落ちました。
私は起業をきっかけにモデルチェンジし、人生がガラッと変わりました。
CTC行政書士法人、ラブふな微魔女会、NPO法人、創業塾、コンサルタントと、そのすべてが中心にある起業からつながっていて、大きくひとまとまりになっています。
そしてCTC行政書士法人というのが私の中では幹となっていて、その土台があるからこそいろいろな花を咲かせることができるのだと思います。

大切にしていること――「場をつくる」ことと「ポップ化する」こと

「ラブふな微魔女会」のコミュニティはNPO法人に発展し、様々なイベントに結びつきました。

― いつも大切にしている思いはどのようなことでしょうか。

みんな生まれ持ったよさがあって、それぞれが最も力を発揮するためにチームにすることを大切に考えています。
みんなが得意なことをやって、それぞれの良さを活かせればいいと思うのです。
そういう場をつくることが楽しくて、大事にしていることでもあります。
あとはなんでもポップ化すること。カジュアルというか、初心者に優しいというのが好きです。
みんながわかる易しい言葉に置き換える、つまり難しい言葉から簡単な言葉への翻訳係です。
そこにクスッと笑えるような要素を加えて親しみやすくする、それをポップ化と呼んでいます。
それによって、みなさんが知りえないことを知ってもらうチャンスまで作れてしまうと思っています。
例えば公的機関が発行している制度なんかも、易しい言葉でたくさんの人にお知らせすれば、たくさんの人に利用してもらえるかもしれません。

つながりは化学変化を起こす――「まいぷれ」との出会いで広がるチャンス

「まいぷれ」とラブふな微魔女会のメンバーであるデザイン会社との出会いから生まれた『まいぷれ船橋まるごとBOOK』

― 「まいぷれ」がお手伝いできることや、今後期待していただけることは?

もともとはワッと集まっていた女性のコミュニティが、「まいぷれ」にイベントを手伝ってもらったり、記事に取り上げてもらったり、仕事をもらったりと、チャンスをいっぱい作ってもらっていると思います。
地域メディア企業である「まいぷれ」と接点を持つことで、メンバーのみんながステップアップする機会が生まれているんです。
メディアとしての拡散力にも期待をしていますが、「まいぷれ」が築いてきた仕組みや人のつながりには、お宝がいっぱいあると思うんです。
つながるというのは、化学変化が起きることで、みんなが変わります。
一人ひとりの力には限界があっても、企業、コミュニティ、行政がつながり、そこで目指すものが同じであれば、動きが加速してもっとすごいことができる。
「まいぷれ」とお互いのよいところをもって連携できれば、もっと暮らしやすい街になるのではないでしょうか。

編集後記
これまでのご経験や思いについて、明るく朗らかに語ってくださった中谷さん。
インタビューさせていただいたまいぷれ編集部のメンバーも元気をもらって帰ってきました。
経営者として「大切にしたいこと」「考えの軸」がぶれずに常に挑戦し続けるあり方は、参考にしていきたいですね。


店舗経営に関する最新のトレンドや地域で活躍する経営者のインタビュー記事、「地域情報サイトまいぷれ」からの限定キャンペーン情報など、あなたのお店の経営のビジョン・夢をかたちにするためのヒントを定期的に受け取ることができます。


★SNSの使い方や写真を見栄えよく撮るコツなど、お店の経営に役立つプレゼントを用意しています★

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする