超カンタンな一工夫でおいしそうな写真が撮れちゃう!料理写真の撮影ポイントまとめ

飲食店の宣伝にとって重要なのが、料理の写真をおいしそうに撮ること。

でも、撮影が苦手で良い写真が撮れない……。

そんな方へ! 超カンタンな一工夫で、料理の写真がおいしそうに撮れちゃうポイントをまとめました!


今、最も読まれている記事はコチラ
超カンタンな一工夫でおいしそうな写真が撮れちゃう!料理写真の撮影ポイントまとめ
この記事をお届けする
「地域のお店の便利帳」からの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

料理の写真をおいしそうに撮る方法

53b8f36a736bf10a0544e132910551d8_s

  1. 画面から大きくはみ出すくらいに寄る
  2. 自然光が当たる明るいところで撮る
  3. シズル感を意識(出来立てを撮る、湯気を映す、など)
  4. (番外編)写真を加工できるアプリ、サービス

1. 被写体が画面から大きくはみ出すくらいに寄る

撮影するとき、ついつい全体を収めたくなって「引きの写真」を撮ってしまうことがありませんか?

実は、料理から遠い場所で撮るのではなく、より近い場所で、はみだすほどに寄って撮影することでより迫力があり、おいしそうな料理の写真を撮ることができるんです!

14

2. 自然光があたる明るいところで撮る

普段明るいと思っている場所でも、いざ料理の写真を撮ろうとすると「意外と暗い」ということがよくあります。

そんなときはなるべく自然光が当たる場所(窓辺のテーブルなど)に料理を移して撮るのがおすすめです

人工的に光を当てるのも一つの方法ではありますが、自然光のほうがよりナチュラルな、食材本来の色を写すことができます。

3. シズル感を意識する

「シズル感」とは、食欲や購買欲を湧き立たせる、「おいしそうな感じ」のこと。

できたてで湯気が立っている様子や、ラーメンの麺を箸で持ち上げて食べようとしている様子のことなどですね。

シズル感を出す手法にはいろいろなものがありますが、まずはできたての写真を撮ることが肝心。湯気が立っていたり、美しい照りが出ていたりと、料理がいちばん輝く瞬間を撮影することができます。

サラダなどを撮影する場合は、みずみずしさを出すために水滴を少し多めにつけて撮るのがおすすめ!

4.(番外編)写真を加工するアプリ、サービス

上記に挙げた三点を実践しても満足がいく写真が撮れないという方には以下の写真加工アプリ、サービスがおすすめ。無料で簡単に使えて、「こんなふうにしたい!」を実現できます。


これらのポイントを押さえ、料理の写真をおいしそうに撮ってお店の宣伝に活かしてみてください!

★もっと撮影テクニックを知りたい方はこちら★

%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

超カンタンな一工夫でおいしそうな写真が撮れちゃう!料理写真の撮影ポイントまとめ
この記事をお届けした
「地域のお店の便利帳」の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする