お店を探す人の多くが使っているGoogleマイビジネスはなぜ便利なのか解説

今すぐ近くで行ける飲食店を探す時、暇な休日に遊びに行ける場所を探す時、あなたは何を使いますか?Google検索やGoogleマップで調べることが多いのではないでしょうか。位置情報や地図で探せるので、目的地までの時間や交通費も一緒に検討できて便利ですよね。

逆に言えば、Google検索やGoogleマップで貴店の情報を目立たせれば、それだけ多くの人に見つけてもらいやすくなるということです。今回は、Google検索やGoogleマップを攻略するために必要な知識である、Googleがお店の情報を表示させる仕組みについて解説します。

1.検索ユーザーに早く適切なお店の情報を表示させるサービスがGoogleマイビジネス

お店を探す時、いろいろなことを同時に考えながら選びますよね。雰囲気、価格、目的に合っているか、行くまでにどれくらいの時間と費用がかかるか、など。それらの条件を総合して考えながら、多くの人が早く、適切なお店を見つけたいと思っています

Googleはそこに目をつけました。Googleは、多くの人が、早く、簡単に、適切な情報にたどり着けるように、検索エンジンと情報表示のシステムを進化させ続けているのです。そして、お店の情報を検索ユーザーに適切に表示させるため、Googleが提供しているサービスがGoogleマイビジネスです。

1-1.検索結果画面には簡易情報が、クリックすると更に詳しい情報が表示される

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップでお店の情報を表示させるGoogleのサービスです。(Googleの目的はユーザー向けの情報を充実させることでもあるため、お店が自分で登録の手続きをしなくてもお店の情報が表示されることはあります。その場合はユーザーが情報を登録しています。)検索画面の表示には、ローカルパックとナレッジパネルという2つの表示方法があり、クリックするとさらに詳しいお店の情報が表示されるようになっています。

ローカルパック

検索結果画面の上部に表示されるものです。検索ワードに関連するとGoogleのアルゴリズムが判断したお店の情報をコンパクトにまとめて表示します。通常の検索結果より上の非常に目立つ位置に表示されますが、表示されるお店の数は3つまで(「さらに表示」を押せばもっと表示される)のため、ここで表示されるかどうかで集客への影響は大きく変わります。

「船橋 寿司」や「近くのランチ」のような、お店の名前を入れない検索(間接検索といいます)で表示されやすいです。

ナレッジパネル

個々のお店についてのローカルパックより詳細な情報が表示されます。「まいぷれBASE」のような、お店の名称を直接入力する検索(直接検索といいます)で表示されやすいです。

詳細情報

ローカルパックやナレッジパネルでお店をクリックすると、さらに詳しい情報を閲覧することができます。

  • 営業時間
  • 電話番号
  • ホームページ
  • 経路
  • 写真
  • 口コミ
  • お店からの紹介文
  • 投稿
  • メニュー

などの情報を閲覧することができます。

1-2.Googleは場所の情報に基づいて検索結果の表示を最適化している

お店を探すとき、目的地までの距離は重要な検討項目です。検索した時、あまりに遠すぎるお店の情報が表示されても意味がありません。そこでGoogleは、位置情報に基づいていたり、地名を入れたりした検索結果画面(ローカル検索といいます)で、距離が近いお店のGoogleマイビジネスを優先して表示させるようにしています。そうすれば、検索したユーザーも効率よくお店を選べますね。

2019年1月に国内で実施された調査によると、お店を決めるときの決め手となるポイントとして、54.2%の人が「距離」と回答しています。

お店を決めるときのポイントを尋ねたところ、1位「距離」54.2%、2位「レビューの星の数」42.4%、3位「写真」33.6%

出典:https://www.value-press.com/pressrelease/215276

1-3.あいまいなワードで検索しても、お店の情報にたどり着けるようになっている

下記の動画では「軽めのランチ」というワードで検索して、画像をスクロールしてイメージを広げ、直感的に良いと思った画像から、「パニーニ」という具体的なワードでの検索に変化している様子が伺えます。

Googleは検索エンジンを進化させ、直接ワードが一致しなくても関係のある情報を拾える様になっています。そのため「軽めのランチ」というようなワードで調べても、サラダやサンドイッチのような関連するランチの情報が表示されるのですね。

検索ユーザーは、必ずしも最初から、何が自分の欲しいものかはっきりしているわけではありません。動画のように、Googleでなんとなく検索しても、画像をスクロールするうちに欲しい物にたどり着けたら、一から考えるよりずっと楽ですよね。Googleはあらゆる情報を集め、優れた検索エンジンの技術を持っているため、そのようなことが可能なのです。

2.お店を探し、実際に来店する人の多くがGoogle検索やGoogleマップを利用してローカル検索を行っている

ここまではGoogleが検索ユーザーにとっていかに探しやすくお店の情報を表示させているかを説明してきました。では、実際どれくらい多くの人がGoogleでお店を探しているのでしょうか。

2-1.80%以上の人がGoogleマップを利用したことがある

また、2019年1月に日本で行われた調査によると、地図アプリ利用率1位はGoogleマップで、2位のYahoo!マップの44.5%を引き離してダントツでした。

利用率1位の地図アプリはGoogleマップ!8割以上が利用したことがあると回答

出典:https://www.value-press.com/pressrelease/215276

2-2.国内でのGoogle検索シェアは75%ほど

2019年5月から2020年5月の調査によると、PCなら76%、スマホなら75%のシェアをGoogleが握っています

日本国内の検索エンジンのシェア(PC)は、Google が 76%

日本の検索エンジンのシェア(スマホ)は、Google が 75%

出典:https://cluster-seo.com/blog/search-engine-seo.html

2-3.お店を探す人のうち、5人に4人がローカル検索をしている

Googleがアメリカで実施し、2014年5月に公開した調査結果によると、お店を探す人の5人のうち4人がローカル検索(位置情報や地名に基づいた検索)を行なっています

“ユーザーはどこにいてもローカル検索を使用します。84%がコンピューターまたはタブレットで検索エンジンを使用しており、さらに多く88%がスマートフォンを使用しています。”(※地域のお店の便利帳編集部訳)

They conduct local searches wherever they happen to be; 84% use search engines on their computer or tablet and even more (88%) do so on their smartphone.

出典:https://www.thinkwithgoogle.com/advertising-channels/search/how-advertisers-can-extend-their-relevance-with-search/

2-4.ローカル検索を行なった人のうち、30%~50%の人が実際に来店している

上記と同じ調査によると、ローカル検索(位置情報や地名に基づいた検索)をした人のうち、30%~50%の人がその日のうちに来店しています。(現在はもっと割合が増えていると思われます。)

”ローカル検索から一日以内に、コンピューターやタブレットでローカル情報を求めた消費者の34%が店舗に行き、スマートフォンを使った消費者の場合は、さらに多くの50%を占めています。”(※地域のお店の便利帳編集部訳)

Within a day of a local search,34% of consumers who sought local information on their computer or tablet made their way to a store, and of those who used a smartphone, the number is even higher at 50%.

出典:https://www.thinkwithgoogle.com/advertising-channels/search/how-advertisers-can-extend-their-relevance-with-search/

お店を探す人のうち、8割がローカル検索を行ない、そのうち半数弱が来店していると考えると、ローカル検索でお店の情報を見つけやすくすることの重要性がわかりますね。

GoogleマップもGoogle検索も、多くの人が利用していることから、Googleマイビジネスでローカル検索に対応することで、多くの人にお店への来店を促すことができることがわかります。

3.検索ユーザーにお店の情報をアピールするならGoogleマイビジネスの活用は必須

いかがでしたでしょうか。Googleマイビジネスは検索ユーザーが自分のニーズ合う店舗の情報を適切に見つけられるよう、Googleが開発したサービスです。お店を探し、実際に来店するお客さんの多くがGoogleマイビジネスの情報を見ているため、店舗を運営する人にとってその活用は必須と言えます。

当サイトを運営する地域情報サイトまいぷれは、Googleマイビジネスとの連携機能によって、地域の人にお店の情報を届けるサポートをいたします。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

地域の人にGoogle検索・Googleマップでお店のことを見つけてもらえる まいぷれとGoogleマイビジネスの連携機能をご紹介

事例バックナンバー

シェアする

フォローする