競合はニーズで分かる ニーズと競合を理解して広告宣伝に活かそう

競合との違いをアピールすることが広告宣伝のポイントです。
競合を間違って把握すれば、アピールも的外れになります。
今回は、適切に競合を把握する方法をご紹介します。

競合を知れば広告宣伝のポイントが分かる

お店の広告宣伝は、競合を意識して作りましょう。なぜなら、お客さんは常に競合とあなたのお店を比較しているからです。

選ばれるためには、競合より優れていることを示すこと。これがポイントです。

ニーズを知れば競合が分かる

競合を知るためにはお客さんのニーズを把握しましょう。なぜなら、同じニーズを解決する他の手段が競合だからです。

ニーズと手段との違いから順に説明していきます。

ニーズとは、お客さんが解決したい課題である

「お腹が満たすこと」はニーズです。それに対して、ラーメン屋はニーズではありません。ラーメン屋はお腹を満たすための手段だからです。

ニーズを解決する手段は一つではない

「お腹を満たすこと」を解決するための手段はラーメン屋の他に、カレー屋や寿司屋もあります。ニーズは一つでも、それを解決する手段はいくつもあります。

同じニーズを解決するための、他の手段が競合である

同じニーズに対する手段がいくつもあるからこそ、競合が存在します。「お腹を満たすこと」という一つのニーズのために、ラーメン屋とカレー屋と寿司屋は競合になります。

お客さんのニーズを適切に把握しましょう。同じニーズを解決するための、他の手段が競合になるからです。

ニーズを把握するにはお客さんが置かれた状況を想像しよう

ニーズを把握するためには、お客さんが置かれた状況をなるべく具体的に想像してみると良いでしょう。

例えば、ラーメン屋に来店するお客さんは、忙しい仕事のランチタイムに、こってり系でそれほど価格が高くない何かを求めているでしょう。

ニーズから競合を考えてみよう

ニーズ分かったら、そのニーズを解決する他の手段を考えてみましょう。

例えば、ラーメン屋のお客さんが「職場の昼休みにこってり系のリーズナブルなランチを手早く手に入れたい」というニーズを持っているとします。
すると競合は、コンビニの弁当や、カツ丼屋、あるいは手作りの弁当になるでしょう。

広告宣伝は競合を意識して強みをアピールしよう

広告宣伝を作るときは、競合と比較したあなたのお店の強みをアピールすると良いでしょう。
お店の強みを知る方法については以下のページでご紹介しています。

お店の強みを分析する4つの基準 広告宣伝は強みを打ち出そう
あなたのお店の強みは何ですか? お店の強みを打ち出せれば、広告宣伝の質はぐっと上がります。強みを考えるポイントは、競合との違いを考える...

まいぷれは地域情報サイトとして20年以上の実績を積み重ねてきました。今では全国500を超える地域で情報を掲載しています。地域の足回りを生かした密着サポートであなたのお店の課題に柔軟に対応します。詳しい情報はこちらをクリック!

事例バックナンバー

シェアする

フォローする