地域の情報屋の存在が頼りになる!地元メディアを販促や接客に役立てた事例

販促企画を立てたりお客様とコミュニケーションを取ったりするためには、地元の最新情報を常にアップデートしておくことが重要です。
とはいえ、「毎日忙しくて地元の最新ニュースや近隣エリアの動向をキャッチすることが難しい…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回は「地元に詳しい情報屋から最新情報をゲットして販促や接客に役立てた事例」を2つご紹介します。

地域の情報屋の存在が頼りになる!地元メディアを販促や接客に役立てた事例
この記事をお届けする
「地域のお店の便利帳」からの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

目次

お悩み①:お店の経営やお客様との会話のために地元の情報を収集したいけれど、十分に時間が取れない…
お悩み②:近隣エリアの人へ宴会をPRするために、どんな販促物が最適なのかが分からない…

お悩み①:お店の経営やお客様との会話のために地元の情報を収集したいけれど、十分に時間が取れない…

千葉県千葉市の創業50年以上の老舗のレストラン・カフェ&バー、「馬酔木」

地元では有名な老舗店の店長として、日々忙しくされている店長。
お店の経営やお客様との会話のネタなど、情報収集をしたいと思っていても、時間が十分に取れずにいました

千葉駅を中心に、線路を挟んで街の雰囲気が変化するこのエリア。通行量や時間帯、行き交う人の属性や目的など、日々地元を歩き回っているからこそ、ターゲットの行動を予測した最適な販促のご提案ができます。

そんな店長と定期的に顔を合わせていた「まいぷれ」の営業担当は、毎日歩いている中で得た「地元の最新情報」をご提供
自分からは積極的に聞きにくいような、近隣エリアの同業種の競合店が取り組んでいる最新の販促事例や、お客様とのコミュニケーションのきっかけになる近所の新店オープン情報、地元のイベント情報を会話の中で積極的にお知らせしています。
「忙しい中でも地元・千葉市の情報を知ることができ、千葉の他のお店との連帯感が生まれるのでワクワクしながら「まいぷれ」の担当のお話を聞いています」という嬉しい言葉をいただきました。

お悩み②:近隣エリアの人へ宴会をPRするために、どんな販促物が最適なのかが分からない…

千葉県千葉市のまちの洋食屋さん、「キッチンリベール」

忘年会~新年会シーズンに向けて宴会コースをPRするために、販促物の制作を検討していたこちらのお店。
店頭POPやチラシ、Web広告、のぼりなど様々な宣伝手法の中で、「何が最も効果的な販促ツールなのか?」というお悩みをお持ちでした。

そこでご相談をいただいた「まいぷれ」の営業担当は、お店の所在地と外観に注目
お店が立地しているのは市役所と最寄り駅の中間地点であり、特にランチタイムには近隣の飲食店へ向かう人が通る通りの交差点に位置します。
ただ、お店の外観には料理の写真やメニューなどの掲示がなく宴会でコースメニューも楽しめるお店ということが伝わらない状態でした。
実際に自分の足で歩いて近隣の人の流れの特徴を掴んだ上で、ご提案したのは「写真をメインに使った大判ポスター」
忘年会の予約が入り始める時期を逃さず、11月から掲示を始めてPRすることができました


地域情報サイト「まいぷれ」は、あなたのお店を密着サポート
課題に合わせた貴店の販促企画をご提案いたします。 詳細はバナーをクリック!

地域の情報屋の存在が頼りになる!地元メディアを販促や接客に役立てた事例
この記事をお届けした
「地域のお店の便利帳」の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「地域情報サイトまいぷれ」は貴店のPR・販促企画を密着サポート!

ご相談はこちらをクリック