イメージどおり出来てる?ショップカードのデザイン依頼の仕方

お店のショップカードを作ってみたけど、なんかイメージと違う。

デザイナーや印刷屋さんなどのプロに頼んではみたけれど、思い通りのモノが出来なかった、なんてことはありませんか?

チラシや名刺なども含めてどうしたら自分のイメージどおりの販促物ができるのか、ショップカードの依頼を例に、依頼の際に押さえるべきポイントをお伝えします!


今、最も読まれている記事はコチラ
イメージどおり出来てる?ショップカードのデザイン依頼の仕方
この記事をお届けする
「地域のお店の便利帳」からの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

ポイントをまとめたシートのダウンロードはこちら

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

イメージが伝わるショップカードの頼み方

4313c0e1a3804b11bcb5e4eaacd8c9f4_m

  1. 「お任せ」厳禁!
  2. コンセプトは必ず伝える
  3. 具体的な指示をする

1. 「お任せ」厳禁!

デザインのことはよく分からないから専門家に頼みたい。もちろんそのとおりなのですが、めんどくさがって「お任せ」にしてしまっていませんか?

デザイナーはデザインの専門家ではありますが、あなたのお店の販促物制作担当者ではありません。お店のことをこちらから伝えない限り、限られた情報から推測することしかできません。

お店の顔にもなるショップカードの依頼を投げっぱなしにするのはやめましょう。

2. コンセプトは必ず伝える

お店のイメージとショップカードのデザインを一致させるには、お店のコンセプトをデザイナーに伝えることが重要です。

お店のイメージを依頼者と製作者(デザイナー)で共有することで、出来上がるモノに対するイメージも共通認識が持ちやすくなります。

とはいえコンセプトとひとえに言っても指示を出すのはなかなか難しいですよね。そういう時は以下のポイントを意識しましょう。

3. 具体的な指示をする

どのような指示をするのが良いのでしょうか。迷ってしまったあなたは以下の項目に沿って考えを整理して伝えてみましょう。

  • お店のイメージカラーは?(3色くらい)
  • 文字のフォントは?(ゴシック、明朝、筆文字など)
  • お店のターゲットは?(20代未婚の女性、50代の既婚子持ちの男性など)
  • お店のイチオシ商品は?
  • お店の基本情報は?(正確な店名、住所、電話番号、メールアドレス、最寄駅からのアクセスなど)


以上がショップカードのデザインを依頼する際のポイントです。

☆このポイントを抑えたショップカード依頼用シートをプレゼントします☆
このシートに沿って必要事項を記入し、依頼することで、「なんかイメージと違う」を防ぎましょう!

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

お店のことに関しては素人のデザイナーに対して、いかにあなたのお店のことを知ってもらうかが重要です。こうしたポイントを押さえて依頼をすることで、完成したものの修正も少なくなり、結果、早くクオリティの高いものが出来上がります。

まずは「お任せ」にしないことから意識していきましょう!

%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

イメージどおり出来てる?ショップカードのデザイン依頼の仕方
この記事をお届けした
「地域のお店の便利帳」の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする