地域のお店は入るべき? 商工会議所とはどんな組織なのか?

「商工会議所」。お店を経営していれば一度は耳にしたことのある組織なのではないでしょうか?

今回はこの商工会議所について、実際に何をする組織で、加入することで地域のお店にもたらされるメリットは何なのか、を解説いたします!


今、最も読まれている記事はコチラ
地域のお店は入るべき? 商工会議所とはどんな組織なのか?
この記事をお届けする
「地域のお店の便利帳」からの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

商工会議所とはどんな組織なのか?加入するメリットは?

  1. 商工会議所とは?
  2. 商工会議所に加入することでもたらされるメリット
  3. 商工会議所への加入の仕方、その条件は?

1. 商工会議所とは?

そもそも商工会議所とはどんな組織なのでしょうか。

商工会議所の母体は、中世より近世にかけて西欧諸都市において商工業者の間で結成された「ギルド」だといわれています。

引用元:商工会議所とは?|日本商工会議所

商業や工業といった業界の事業者が集まった職業別組合のようなものがその起源のようです。

日本商工会議所によるとその役割は大きく分けて3つ。

  1. 政策提言
  2. 中小企業の活力強化
  3. 地域経済の活性化

出典:商工会議所とは?|日本商工会議所

現在の日本においては、その会員のほとんどが中小企業。個人事業主も加入が可能です。全国の商工会議所や会員同士のネットワークを使って、個々の企業では大きな影響力を持ちづらい政策提言や事業、経済活性化のための施策を行っています。

2. 商工会議所に加入することでもたらされるメリット

中小企業に該当する地域のお店にとってのメリットを考えると、主なものは以下の3つ。

  1. 会員同士の交流による人脈獲得が見込める
  2. 経営者向けの研修やセミナーを受講できる
  3. 安価な金額で共済に加入できる

大企業であれば社外・社員同士の交流や研修制度の整備、福利厚生などが充実していますが、地域のお店がこうした制度を単独で用意するのは非常に難しいですよね?

商工会議所は、こうした制度を整える役割を果たしてくれるのです。

3. 商工会議所への加入の仕方、その条件は?

商工会議所に加入するためには、その地域での事業実績があることが条件です。法人はもちろん、個人事業主も加入が可能なので、地域のお店のほとんどがその加入対象になります。

加入の仕方は各地の商工会議所のHP等で確認できますが、基本的には申込書を記入して会費を支払うことで加入が完了するようです。

たとえば千葉県の船橋市では、以下のような会員募集ページで加入を呼びかけています。

まずはお店がある基礎自治体の商工会議所を探してみましょう!


地域のお店が単独で行うには難しいことを補ってくれる商工会議所。

会費はかかりますが、会員向けセミナーや交流会などに積極的に参加することで十分な対価を得ることができそうです。

地域でお店を運営していくのであれば、加入を検討してみるのも良いですね。

★SNSの使い方や写真を見栄えよく撮るコツなど、お店の経営に役立つプレゼントを用意しています★

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

地域のお店は入るべき? 商工会議所とはどんな組織なのか?
この記事をお届けした
「地域のお店の便利帳」の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする